WSC1996 Report(2)

車検や整備でカウルをはずした状態でのソーラーカー。
各車のメカニズムや構造がわかります。

car 32 SOLVOGN DENMARK , Soenderborg Teknikum , Denmark
デンマークの工科学校?
ステンレス・スチールのパイプフレームにカーボンファイバーのボディ。
資料によると全備重量は272kgとかなり重い。


car 33 SUN CHALLENGER, Mitsubishi Materials Corporation,Japan
モーターのマウント部。


car 49 LIGHT WIND, Yokohama National University, Japan
横浜国大のクルマは、チェーン2段掛け。



car 52 SUN SHARK, University of Queensland, Australia
ボディはカーボン・ノーメックスのサンドイッチ構造材。



car 53 SUNBA, Blazil
DCブラシレス・ホイールインモーターによる後1輪駆動。
資料には SunBA Wheelmotor とあるが…。




car 60 IKUEI NEO2, Tokyo Salesian Polytechnic, Japan
育英高専。リチウムバッテリー搭載。ギアによる減速+チェーン駆動 一体式の片持スイングアーム。


car 88 FINE, Japanese Crested Ibis, Japan
ホンダ系プライベーター。アモルファス・シリコンのソーラーセルを搭載。


■車検の様子 続きを見る

■WSC1996Report Top Page
■ラフィングサン・レーシングのホームページへ



Copyright (c) 1996 Ichiro Sakurada,Masahiro Gotanda,
Laughingsun Rasing All rights reserved.